ウォーターサーバーのメリット・デメリット

  • 口コミ比較ランキング
  • 天然水に関して
  • ウォーターサーバーに関して
  • 天然水のウォーターサーバー業者
品質の良い安心できるウォーターサーバーを口コミ情報を元に紹介!!
ウォーターサーバー 天然水 Barbanzo > ウォーターサーバーに関して > ウォーターサーバーのメリット・デメリット

ウォーターサーバーのメリット・デメリット


最近注目を集めているウォーターサーバーを検討されている方へ向けて、ウォーターサーバーのメリット・デメリットをご紹介しましょう。

メリット
ウォーターサーバーを使うメリットとして、まず挙げられるのは水の安全性です。
日本の水は身体に優しい軟水となっていますが、ウォーターサーバーに使われる水や市販のミネラルウォーターは基本的に水道水よりも更に軟水である水を使用しています。
市販のミネラルウォーターの中には、例えば「コントレックス」のようなヨーロッパ産の硬水もあり、便秘解消や美容に関心のある方には人気がありますが、硬水はお腹がゆるくなってしまう為、赤ちゃんやお年寄りの方、お腹がもともと弱い方には向いていません。
また、ウォーターサーバーでは天然水かRO水を販売していますが、特に天然水の方は日本各地の銘水地から採水されたミネラル成分豊富な水です。
現代人の食生活ではなかなか補うのが難しい天然ミネラルを、普段の給水で補うことが出来ます。
普段から市販のミネラルウォーターなどを使用しているご家庭では、ウォーターサーバーを使用した方が年間で考えるとコスト削減になる場合もあります。
使用量が多いほどコスト削減は大きくなりますので、ご家族の多い方などはこちらの方がよいでしょう。
また、重たい水をわざわざ買いに行く手間も省けます。
綺麗な美味しい水はそのまま飲んでもよいですが、料理やお茶を入れる際に使用するのも良いですよ。
食材・茶葉の味、香りや色も更に綺麗に美味しく引き立てることが出来ます。
最後に、ウォーターサーバーのボトルは大抵が12L×2本1セットで宅配されるのですが、災害時などの備えにもなります。

デメリット
メリットが豊富にある一方デメリットもいくつかあります。
まずはやはりある程度のスペースが必要なことです。
ボトル1本が12 Lもある為、ペットボトルに比べると格段に大きく場所も取ります。
そのボトルをセットするサーバーも当然それなりのサイズになり、更には上記でも触れましたが、2本1セットで宅配される為交換用ボトルの保管場所も必要になります。
また、利便性はもちろん水の品質保全の為、冷蔵庫と同じように常時電源が入った状態で使用します。
電気代もウォーターサーバーだけで、月1,000円程度かかるのが一般的です。