ウォーターサーバーの床置き

  • 口コミ比較ランキング
  • 天然水に関して
  • ウォーターサーバーに関して
  • 天然水のウォーターサーバー業者
品質の良い安心できるウォーターサーバーを口コミ情報を元に紹介!!

ウォーターサーバーの床置き


何時でもすぐに冷水・温水が使える便利なウォーターサーバーは、災害時などの非常用水としても役立たせることが出来ることなどもあり、最近急速に普及しています。
検討されている方にとって、一番の悩みどころは何と言っても場所ではないでしょうか。
水のボトルは12L入りが基本で、ペットボトルに比べるとかなり大きくなっています。
それを載せるサーバー本体もそれなりのサイズがあり、「置き場所がない・・・」と断念されている方もいるでしょう。
ここではウォーターサーバーのサイズや種類について、簡単にご紹介しましょう。

ウォーターサーバーの種類
ウォーターサーバーには床置きタイプと卓上タイプがあります。
以前は企業や病院などで使用されることがほとんどでしたが、一般家庭でも使用する方が増えてから、サイズや設置タイプも改良されてきました。
卓上タイプだとテーブルや台などの上に置くのが一般的で、返って場所がない・邪魔という方もおり、床置きタイプが人気を得ています。

それぞれのサイズ
メーカーや機種により寸法は変わりますが、大体が以下の通りです。
床置きタイプですと幅・奥行共に30~40cm程度、高さは1m強です。
卓上タイプは幅・奥行などはあまり床置きタイプと変わりませんが、高さが半分ほどになっています。
スリムなタイプの機種も年々増えてきていますが、数cm程度の差とお考えください。

置き場所の例
置き場所はご家庭の家族構成、家のサイズや用途により様々だと思いますが、利用されている方がよく置かれている場所を参考としてご紹介しましょう。
料理などにもよく使用する方は、台所の冷蔵庫の横、キッチンラックや食器棚の横に置かれています。
また、料理以外でも常時使用したい方は、リビングの入口など、よく電話機が置かれている場所付近に設置されています。
リビングへの出入りで皆が自由に使うことが出来る場所として、よく目にする設置場所です。
他に置きやすい所と言えば、寝室でしょう。
寝室はベッドやドレッサーのみで比較的広くスペースが空いている場合も多く、寝室にセットしておけば夜中喉が渇いた時も、キッチンまで移動することなくすぐに喉を潤すことが出来ます。

大型家電を購入する際と同じく、まず置き場所を決めた上でどの機種にするか検討しましょう。