天然水の栄養成分

  • 口コミ比較ランキング
  • 天然水に関して
  • ウォーターサーバーに関して
  • 天然水のウォーターサーバー業者
品質の良い安心できるウォーターサーバーを口コミ情報を元に紹介!!

天然水の栄養成分


食の安全に敏感になっている現代の方々では、お水も水道水を飲まずにミネラルウォーターを購入したり、ご家庭で浄水したりする場合も増えています。
かつては企業や病院などにしか置かれてなかったウォーターサーバーも、最近では個人で契約しご家庭で利用される方も多くなってきました。
ウォーターサーバー用のお水は、日本各地の天然水を使用していますが、天然水の何がそれほどまでによいのか余り知らない方もいるのではないでしょうか?
天然水は安心・安全である以外にも、様々な栄養成分を含んでいます。
ここでは天然水の栄養成分についてご紹介しましょう。

天然水の種類
天然水には大きく分けて硬水・軟水があります。
「硬水」とはマグネシウムやカルシウムなどが多く含まれており、欧米などの天然水でよく見られる種類の水です。
「硬水」と書くようにまろやかさは少なく、「硬さ・重さを感じる」とよく表現される味で、日本人にはやや飲みにくい水となっています。
しかしミネラルが豊富で、便秘の方などにはお通じがよくなる為、美容や健康の為に好んで飲まれる方も多くいます。
一方日本の水のほとんどがもう一方の「軟水」です。
先祖代々馴染んできたお水の為、日本人には最も飲みやすく、また味が強くなくまろやかで美味しい水の為、緑茶や紅茶などを入れる際にも綺麗に色や香りを出すことが出来ます。
「ミネラルが少ないと栄養分は低い=いい天然水ではないのでは?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、それは一概には言えません。
例えば軟水はお腹に優しい為赤ちゃん、子供やお年寄りの身体にも安心・安全に使用できる飲料水ですので、ご家庭向きと言えます。
要はどのような用途で飲用するかで選ぶことが重要です。

天然水の栄養分
上記で硬水の栄養分を少し記載しましたが、天然水には硬水・軟水共に以下の栄養分が含まれています。
マグネシウム、カルシウム、カリウム、ナトリウムなどの天然成分です。
含まれる量がそれぞれ違うというだけで、水の硬度の基準はカルシウムとマグネシウムの含有量で決まります。
この2種類の含有量が300mg/L以上だと「硬水」、100mg/L以下だと「軟水」と呼ばれます。