赤ちゃん用の天然水

  • 口コミ比較ランキング
  • 天然水に関して
  • ウォーターサーバーに関して
  • 天然水のウォーターサーバー業者
品質の良い安心できるウォーターサーバーを口コミ情報を元に紹介!!

赤ちゃん用の天然水


赤ちゃんでも飲める水
生後間もない赤ちゃんは、胃腸の発達が未熟なため食べ物や飲み物は、月齢に応じて与える必要があります。
離乳食を開始する生後6ヶ月目頃までは、特に注意が必要です。
本来なら、生後から半年間は母乳だけで他に何も与えなくてもよいのですが、様々な理由で母乳を与えることが出来ない時は、粉ミルクを使うことになります。
この時気になるのが、粉ミルクを溶かすお湯は水道水を使っていいのかどうかということです。
結論から言うと、水道水を使っても問題はありません。
日本の水道水は、法律に基づき基準の高い検査を定期的に受けているので、赤ちゃんが飲んでもトラブルを起こすことはほとんどありません。
ウォーターサーバーに使われる天然水はどうでしょうか。
こちらも赤ちゃんのミルクに使うのに問題はありません。

天然水の水質について
ウォーターサーバーで使われている天然水は国内でも自然環境の良い山岳地帯で採水された水に、加熱や濾過などの処理を加えて販売されています。
このような水のことを天然水やナチュラル・ミネラル・ウォーターと呼んでいます。
国内で採水される天然水は、山の地層を通り地下に蓄えられる間に地上に含まれるミネラルが水に溶け込みます。
採水地付近の岩盤により、溶け込むミネラルの種類や量に差がありますが、その量は外国産の天然水よりも少なくなっています。
ミネラルの含有量が少ない水は、軟水と呼ばれています。
日本国内で製造されている天然水のほとんどは、軟水に分類されています。

軟水について
ミネラル含有量が少ない天然水は、冷やして飲むと口当たりがまろやかで、ほどよい甘味を感じます。
この水は、食材が変化をおこすほどのミネラルは含まれていないので、どんな料理にも幅広く使えるメリットがあります。
水道水のように、消毒の目的で塩素が混入されることもなく、内側が錆びた水道管を通って出てくることもないので、不純物が混じっておらず、赤ちゃんのミルクを溶かすお湯として使っても危険が少ないと言えます。
ウォーターサーバーを使えば、粉ミルクに最適な温度の湯がいつでも使えるので、大変便利です。